クンニのやり方

性行為を行った経験の少ない場合、自分が実際にいろんな体位をできるのかといったことに不安を抱えていることもあるでしょう。
しかしきちんと異性の体のことを学んで頭に入れておけば心配はいりません。
好きな男女が行う行為ですので、お互いが思いやりを持って行為を行えば愛を育む幸せな時間になるのです。
行為の一つにクンニというものがあります。
この行為は、男性が女性の性器を舐める行為で、女性が男性の性器を舐めるフェラチオの逆バージョンとも言えます。
実際の性行為の際、最終的には男性器を女性器に挿入して男性が射精すれば終了という流れが多いですが、経験の少ない男女の性行為の場合、お互いの性器に潤いがなくて挿入した際に痛みを伴うといったこともあるのです。
経験が豊富な男女の場合、挿入前のある程度の前戯で女性の性器がしっとり濡れて挿入もすんなりいくのですが、経験が少ないと行為中に緊張し、性器が濡れない場合があるので、このような場合には少し時間をかけてクンニとフェラチオをし合い、雰囲気がリラックスして性行為の興奮度が高まるように努めることが必要なのです。
これら行為をし合っていると、自然にシックスナインの体位になります。
そしてお互いに気分が高まれば男性器を女性器に挿入して正常位になっても良いですし、女性が男性にまたがり、騎乗位から行為を楽しむようにすればいいわけです。
そこまでいけばお互い興奮度合いが高まっていますので充実したセックスを楽しめますが、そこまで至るのはムードつくりが大切なことも覚えておかねばなりません。
ラブホテルで行為を行う場合は先に入浴した方は電気を消してベッドで待つのもエチケットです。
また特に男性は気持ちがはやって焦ることも禁物です。
下着をとる場合も乱暴にせず、ゆっくりと優しくする心掛けが必要です。
性行為は行為自体のやり方を学ぶと同じくらい、ムードつくりや配慮が必要なことも覚えておかねばならないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です