手マンのやり方

参考:ペニスの悩み相談・セックステクニック

手で女性器を刺激する事を手マンと言います。
しかしただ触れば良いわけではなく、女性の興奮度合を徐々に上げて行く必要があります。
最初から膣の中に指を入れてしまうのではなく、徐々に刺激を与える部分を変えて行く事が手マンの基本です。
まず最初に女性に仰向けの姿勢で足を大きく開いてもらいます。
立ったままや座らせた状態でも行う事はできますが、仰向けの方が色々な部分を刺激する事が出来ます。
最初は大陰唇・小陰唇を触ります。
緩急つけて指で刺激する事によって、次第に女性は興奮して行きます。
指でこすったりマッサージする感じで刺激を与えますが、まだこの時は膣の中に指は入れません。
次に刺激を与えるのがクリトリスです。
男性の亀頭と同様に刺激をとても感じやすい部分となっています。
指でとんとんとタップする感じで触ったり、指で円を描く感じで刺激を与えると効果的です。
この時女性器が濡れているのであればその分泌液を指に付けてクリトリスを刺激します。
乾燥した状態でこすられると女性が痛みを感じてしまう事が多々あるので、ローションを使って指を濡らして行うのも効果的です。
クリトリスは通常は包皮を被っているので、ある程度刺激を与えたら包皮を少し剥きます。
そして優しく指でタッチします。
ある程度クリトリスへの刺激を与えたら、次は膣の中に指を入れます。
女性器は伸縮性があるのである程度の本数の指であれば挿入する事が出来るかもしれませんが、最初から沢山入れる事は良くありません。
中指1本を出し入れします。
次にGスポットを刺激します。
Gスポットは女性の腹側にある部分で、中指の第2関節まで入れて指を軽く曲げたところにある表面がざらざらとした部分です。
刺激を与えると次第に膨れ上がって行き、時には潮吹きに至る事も少なくありません。
これが手マンの基本的な方法です。
ただ力強く行う方がより刺激を感じる事が出来るのではないかと思われがちですが、決してそうではありません。
手マンを行う際は、爪を短く、さらに優しい力加減で無理をしない事が重要です。